三重2022:初パスタ・デ・ココと、季の邸 鍋田川にお泊り

2022年夏休みの三重旅。ナガシマスパーランドでアトラクションを満喫した後は、近くで適当に夕飯を食べてから、宿に1泊の予定でした。

今回は、初パスタ・デ・ココで食事した感想、季の邸 鍋田川に泊まった感想を書こうと思います。

夕飯は、パスタ・デ・ココで

パスタ・デ・ココ」は、名古屋発祥のあんかけスパゲッティ・鉄板スパゲッティの専門店。カレーチェーン「カレーハウスCoCo壱番屋」プロデュースで、愛知県を中心に展開しています。夫は以前何度か訪れたことがあるようでしたが、私は今回初めて食べに行きました。

ナガシマスパーランドからのどかな田んぼ道を通って車で20分ほど。「パスタ・デ・ココ 弥富鍋平店」に到着。この瞬間だけ愛知県に上陸です(笑)
店内はかなり空いていて、お客さんは私たち+もう1組だけ。安心して食事できるの有り難い。

私は左写真の「ミラカンCセット(ドリンク・サラダ付き)」を、夫は右写真の「鉄板ミラカンCセット(ドリンク・サラダ付き)」を注文しました。
さて、肝心の名古屋名物・あんかけスパのお味は?というと・・・ミートソースでもトマトソースでも無い独特の味!意外とスパイシーで濃い!、それと昔どこかで食べたことがあるような不思議な味わいでした。ソースの味付けが濃かったため、食後もしばらくミラカンの味が残り、喉が渇きました。さすが名古屋めし!

ちなみに娘は「お子さまオムライス」「フライドポテト」をオーダー。名古屋名物・あんかけスパ食べるんちゃうんかい!というツッコミありつつも、こういうところがマイペースな娘さんです。

パスタ・デ・ココでの食費は、家族3人で「3,198円」でした。さすがココイチグループはリーズナブル!

季の邸 鍋田川に1泊お泊り

パスタ・デ・ココで夕飯を食べて、途中で適当なスーパーにちょっと立ち寄った後は、1泊予定の宿「季の邸 鍋田川(ときのてい なべたがわ)」へ向かいます。
こちらのお宿の天然温泉大浴場は日帰り入浴の方も利用できるため、駐車場は第1と第2の2つあります。私たちは宿の敷地東側の第2駐車場に車を停めて、少しだけ入口まで歩きました。

こちらが季の邸 鍋田川の入口。家庭的な雰囲気が漂った和風のお宿です。

エントランスでチェックインして、本館木曽・2階の客室へ。階段には綺麗なお花が飾ってありました。

客室に入って、すぐ目の前には清潔な洗面台とトイレ。和室のお部屋なので、既に布団3組が敷いてありました。夫と娘がダイブ!する前に、慌てて撮影・・・。

子どもサイズの浴衣あり、川沿いのベランダにはオシャレな椅子もありましたよ(ただし向かいの家から丸見えなのが残念)

テレビを見ながら座れるスペースもあり、3人で乾杯~!ナガシマスパーランドのアトラクションの話をしたり、明日の予定を相談したり、のんびりと寛ぎました。

なお、こちらは天然温泉が自慢のお宿で、客室にはお風呂がついていません。露天風呂・大浴場・泡ぶろとジャグジーの3つのお風呂があり、ちょっと混雑にビクビクしながらも、娘と二人でササッと入浴しました。日帰り入浴の方が21時半まで、宿泊者は23時までと、宿泊者だけの入浴タイムが21時半~23時までの1時間半しかないのが少し残念でした(その時間帯はもう子ども眠いから入れないよ・・・)

朝ご飯は、早めの時間帯に行ったら空いていました!約50種類の和食風バイキング。優しいメニューが多くて、とっても美味しかった~。今回は夕食無しプランで宿泊しましたが、伊勢・三河湾の新鮮魚介を取り入れたお料理も美味しそうなので、夕食付プランも良さそうです。

季の邸 鍋田川の宿泊費は、家族3人1泊2日朝食付き+入湯税で合計「21,486円」でした。平日とはいえ夏休みにしてはリーズナブルだったのでは?

最後に・・

今回の夏休み三重旅の計画を立てたのは、コロナの感染者がだいぶ減ってきた春頃でした。
もうそろそろ収束に向かうのでは?と、あまり深く考えずに「宿での夕飯無し(ナガシマスパーランド近くのアウトレット散策しながら食事するつもりやった)」「客室に風呂無し+日帰り入浴できる天然温泉付き」のお宿を選んでしまっていたので、ちょっとドキドキでした。

でも「3年ぶりのお泊り!」というだけで、娘がとってもとっても嬉しそうだったので、泊まって良かったなーと思います。

写真は布団にダイブして、キャーキャーじゃれてる夫と娘・・・。