石垣島2018:これぞ南の島!青く透き通った海と白い珊瑚の米原ビーチ

石垣島へ初の親子2人旅:滞在3日目、ようやく晴れた石垣島で、友人たちと一緒にドライブ。バンナ公園の展望台~川平湾に向かってドライブ~川平湾を散策したあとは、ビーチ散策とシュノーケリングをするために、米原ビーチへ向かいました。今回はまず米原ビーチ散策の写真をご紹介します。

川平湾~米原ビーチへ


米原ビーチ(米原海岸)があるのは、石垣島の北部。川平湾からだと車で約20分ほどの距離で、あっという間に到着しました。

米原ビーチに到着。駐車場・売店・シャワーは?


米原ビーチには、いくつか入口があるようですが、今回こちらから入りました。ここでの駐車場は無料・有料(500円)の2か所、私たちはラッキーなことに無料の方に停めることができました。(参考:離島ドットコム


こちらが有料駐車場です。(上の写真と比べてどんより曇っているのは、帰りに撮影した写真のため・・)


駐車場内に設置されている案内図によると、米原ビーチは西表石垣国立公園に含まれているんですね。

ちなみに、こちらの駐車場近くには、売店とシャワーの建物もありました。

売店とはいっても、置いてあるのは飲み物とカップラーメンくらい。私たちは売店で何かランチを買おう!と思っていたので、完全にリサーチ不足でした。(後から合流予定だった知人にパンを買ってきてもらえたので事なきを得ましたが・・)

シャワーは1回200円、売店に支払います。ただし水シャワーのみ・シャンプーリンスなどはありませんので、必要なら持っていきましょう。とても大きいシャワーブースだったので、私はシュノーケリングの後に、子どもと一緒に使いました。

さて、駐車場でビーチへ行く準備ができたら、いざ米原ビーチへ向かいます。

「←ビーチ」といった、シンプルで、可愛いらしい看板を発見。


看板どおりに、細い小道をまっすぐ進みます。

南の島ならではの青く透き通った海

駐車場から看板に沿って細い小道を進んですぐの場所に、米原ビーチが広がっていました。


正面には、青く透き通った海が広がります。


左奥の景色と、


右側の景色。この日は晴れてはいるものの、時々雨がパラパラといった不安定なお天気。時々黒っぽい雨雲が通っていきました。


透明度は?というと、水面キラキラ透き通って、抜群!


海に入って、透明度チェック! 私と娘のマリンシューズもばっちり見えてますね。

風化した白い珊瑚でできたビーチ


米原ビーチは、白砂ビーチかと思いきや・・・


白い珊瑚のかけらでできたビーチなんです。


死んでしまって風化した珊瑚のかけらが大量に波に打ち上げられているため、マリンシューズは必須ですよ。


娘と一緒に少しだけ拾った白い珊瑚のかけらは、夏休みの宿題の「フォトフレーム」に。
https://twitter.com/asaki_log/status/1032585053438525440

水面をぷかぷか浮遊する、へこあゆ


波打ち際の水面に、ぷかぷかと浮遊する「へこあゆ」を見つけました。


友人が一瞬だけ捕まえてみたら、意外と大きい?!すぐ逃がしてあげました~。

やどかりを捕まえても、早々にリリースを!

小浜島でも「やどかり」を見つけましたが、石垣島の米原ビーチでも見かけました。


こちら小さなやどかりさん。赤ちゃんかな?


やどかりを集めていたのは友人。ふと気づくとうじゃうじゃーと袋に入れられている!!! どうやら殻から出て逃げようとしていたので、早々にリリースしました。ごめんね、やどかりさん。

さてこれにて一旦、この記事はおしまいです! 次の記事では、いよいよ米原ビーチでのシュノーケリングの写真を紹介します~。