鳥取の旅

こんばんはー。最近、数年前のベトナム旅行の写真をUPの途中ではありますが・・・実は、先月下旬に鳥取に行ってきました~。こちらの記憶が薄れる前に、ブログに写真をUPしておこうと思います。

今回は、1泊2日、ゆっくりの旅でした。もともとの予定は、1日目浦富海岸、2日目鳥取砂丘・・・で、観光しようと思ったのですがお天気との相性が悪かったので、途中で急きょ変更(入れ替え)しました。

1日目。
鳥取まで車で数時間・・・到着次第、浦富海岸へ直行!ここで何をしたかったか?というと、島めぐり遊覧船に乗りたかったのですが、到着早々、急な雨風 そして「悪天候の為、運航中止になります」とアナウンスが(>_<) もし雨が止んでも、この日は結構風が強かったので、運航は厳しそうだなーと判断し、2日目に予定していた鳥取砂丘に先に行くことにしました。とはいえ、せっかく来たので、浦富海岸の近くをドライブ~。雨は止んだけど・・・空が暗い~。

どうやら今いる場所はここらしい。

近くをウロウロ散歩しているうちに、少しずつ晴れ間が見えてきました。

空と海が少しずつ青みを帯びてきました~。

そしてなんと!!虹を見ることができました。とても綺麗。

そんなわけで、ドライブしつつも、次は鳥取砂丘に行きました。
真夏だと、足の裏を火傷するほど、砂が熱していることがあるようですが、
先ほどの雨で少し砂が湿っていたから、裸足で歩くと気持ち良かった~。

小さい丘まで歩きました。すぐ下には波が迫っていました。近い!
そして写真の右下の人の位置を見れば分かるように、結構な高さでした。

海と私の写真(笑)・・・相方に隠し撮りされました。・・・ぼんやり。

一番高い丘のところには、たくさんの人が!!うじゃうじゃ。

空と雲が澄んでいて綺麗~。

鳥取砂丘で夕日を見たかったのですが、日が落ちるまでにかなりの時間があったので、諦めました。

帰り際の写真。鳥取砂丘の全容図。1枚目。・・広いな~。

2枚目。緑がある場所もありました。

ちなみに・・・入場料かかるもんだと思っていたのですが、無料で驚きました。
ただし、砂丘を背景にしてらくだの写真を撮るだけでも、お金をとられるようです(^-^;
今回はらくだに乗れなかったのですが、次回はらくだに乗って写真を撮りたい(笑)

そういや、先日ベトナムの砂丘(白い砂丘赤い砂丘)の記事をUPしましたが、鳥取砂丘は、赤い砂丘の方のイメージに近かったかなー。人の多さとか色とか。今回は行った時間が遅い&雨が降った後ということもあり、風紋が見当たりませんでしたが、もし晴れた夜の翌朝早い時間に行くことができれば、綺麗な風紋を見ることができるかもしれませんね。

そんなわけで、1日目はもう宿に向かうことに。向かう途中で、道の駅に寄って・・・

部屋風呂付きのお宿に泊まりました(初!)

2日目。
かなりの快晴でした。早速、浦富海岸へLet’s GO!!今度は問題なく、島めぐり遊覧船の運航をしていました!早速乗船しました。自然が彫刻した岩だとは思えないような形をしています。


ちなみに晴れてはいても、結構風があったため、波がありました。


青空と奇岩の写真。なんだか不思議な風景。

この日の空も、かなり青かった。

実は今回訪れた「浦富海岸」は、「山陰の松島」と呼ばれているようです。昔々、松島にも行ったことがありますが、確かにかなり似た景観でした。(カモメは松島の方が多かったかも・・・?)

このリアス式海岸は、約15kmにわたっており、海食や風食によってできた奇岩、洞門、断崖絶壁などが点在しているそうです。今回は遊覧船に乗りましたが、もし次に来ることがあれば、カヌーツーリングにチャレンジしてみたいな~。海の透明度をもっと水面近くから眺めたり、奇岩の近くまで行くことができそうです。

そんなわけで、(写真は撮り忘れましたが)、遊覧船を満喫した後は、毎回日本の旅恒例の地元JAで新鮮な野菜などをゲットし(愛菜館JAいなば)、鳥取港海鮮市場:かろいちでお土産購入&ランチを堪能し、今回の鳥取の旅は、おしまいです~。

次回はまた数年後。ゆっくりな旅をしたいときに、行きたいと思います。