サイパン2005:アクティビティを満喫!マニャガハ島

2005年サイパンへのダイビング旅行では、サイパン島沖の「マニャガハ島」にも訪れました。

マニャガハ島は、周囲1.5kmほどの小さくて美しい自然たっぷりの無人島です。私はシュノーケリング・パラセイリング・バナナボートなどのアクティビティを満喫しました。

シュノーケリング

まず、マニャガハ島で撮影したシュノーケリングの写真です。


ビーチからすぐ近くなのに、こんなにいっぱいお魚がいました。


細長いのはサヨリです。

水深が浅いので、底まで太陽の光が届いて、水面がキラキラ光っていました。ぷかぷかゆらゆらと浮いて、太陽の光と魚の動きを見ているだけでも幸せな気持ちに。


ビーチ近くなのに、サンゴ礁も立派です。


ちょこっと顔を出す緑色の小魚が可愛い。


こんな変顔のお魚や、


南の島らしいお魚も見かけました。

ビーチからすぐそばからのシュノーケリングで、これだけの種類のお魚が見られるのは嬉しいですね。

バナナボート


泊まっていたホテル~ビーチまでは車、ビーチ~マニャガハ島まではバナナボートで移動しました(パッケージツアー利用)


バナナボートはつるっつるで、何度も落ちました・・・面白かった。

パラセイリング


透明度の高い綺麗な青い海の上で、初パラセイリング体験しました(写真右奥)。


写真のような感じで、スピードボートに引っ張ってもらい、空から海を見下ろしてフワフワと風に乗ります。

体験する前は絶対に怖い!と思ってましたが、意外や意外、ものすごく気持ち良かった。また海の上からなんと!泳いでいるウミガメも見かけましたよ~。またいつかトライしたい。

ビーチ


マニャガハ島のビーチは、こんな感じ。白い砂浜に椰子の木!いかにも無人島です。


海水浴やシュノーケリングを楽しんだり、


木陰でのんびりお昼寝にもぴったりです。

まとめ


マニャガハ島には、遠浅で穏やかな、きらきら透き通った青い海が広がっていました。

こんな素敵な無人島で、アクティビティも楽しみつつ、のんびりと半日くらい過ごしてみるのもおすすめですよ。